彦根市観光振興計画では

彦根城等の歴史的建造物や彦根城博物館が、従来のような「史跡や地域の歴史や文化を研究・紹介する施設」ではなく、市民をはじめ多様な主体が文化活動や経済活動を展開できる「文化的空間」として活用され、街なかでは来訪者が飲食や買い物を楽しむ環境が整うと共に、文化・芸術、農林漁業、商工業、自然、スポーツなど地域の幅広い資源を最大限に活用できるネットワークを確立した質の高い観光政策が必要である。

と結論づけたと報告した。

「21世紀型城下町・彦根の創造計画」を策定するという

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です