公開質問への回答 山田多津子氏

1市3町合併に対する住民投票と住民の意向調査について

1.住民投票について

Q.住民投票を実現してもらいたいがどうか?
A.私たち日本共産党は一貫して、「合併の是非は住民投票で」訴え続けてきました。
今年2月に行われました、合併の是非を問う住民投票条例の直接請求署名にも積極的に取り組みました。もう一度住民投票によりまず是非を問うべきであると考えます。

2.市町合併について住民の意思が反映されているか>

Q.住民説明会に出た住民は延べ何人くらいですか?
A.小学校区単位で開催された説明会と、市町が住民説明会と位置づけている自治会長会とあわせると約800名。

Q.住民投票しないで住民の声が十分に反映されているか?
A.設問にありますように、住民の声を反映させる第一義的なことは住民投票だと思います。

Q.8000人もの人が署名したことをどう考えますか?
A.市長の住民の声を聞いたと言っているのは、自治会長会での説明会で全ての自治会が出席をしていない会合での意見を言っているのであって、8000人もの人々が署名をしたことの重大さを真摯に受け止めるべきである。

Q.彦根市民の意向調査をし、その中に合併に対する賛否を問う質問を入れてもらいたいがどうか?
A.当然のことと考えます。
 E.わずか半月足らずで直接請求署名に、8000人もの協力が得られたことから見ましてもかなりの反対の意見をお持ちの方がおられるのではないでしょうか。そのことから見ましても住民の意思を表現する手段として、、まず住民投票が一番の機会だと考えます。

Q.合併について反対の住民がどれだけいると考えられすか?
その住民の意志を表現する機会をどのように設けるべきと考えますか?
A.

1市3町合併について

1.規模について

Q.地方自治という考え方と、大きな地方行政組織を目指すことは矛盾すると考えますが?
A.合併に伴って行政機構が肥大化・官僚化すると同時に、暮らしと直結している地域とのコミュニケーションがとれなくなるのは目に見えています。

Q.13万都市になることでどのような新規社会資本が必要となりすか?
(合併協議会のマ二ュフェストはなにか)
A.合併特例債という「アメ」を目の前にちらつかせ、国が推進する合併の押しつけは地方自治の開発会社化・営利企業化の道を進むことになることです。しかしこの特例債は結局市民の債務になっていくだけです。

2.対等合併と言うことについて

Q.合併協議会関係者だけが対等合併とこだわっている理由は?
A.規模の点から見ても本当に対等合併になるのか大変疑問に思うところですが、合併による交付税の経過措置等の問題も含んでの対等合併にこだわっているのではないでしょうか。全てにお於いて行政規模の違う3町との合併にあくまで対等合併を中心にしていることは、法的な対応からそのような立場を打ち出しているだけだと思います。

Q.合併した場合の議員の任期について2年延長に賛成ですか反対ですか?
A.

3.新市名について

Q.彦根市がなくなるならこの合併は失敗です。そう考えませんか?
A.市民にとって新市名は大変関心のあるところだとは思いますが、今現在全市民を対象とした、合併の是非を問う住民投票も行われていない中で、新市の名称をアンケートすることよりももっと先にやるべき事があるのではないでしょうか。ただこのアンケートは2万人が対象で行われましたが、彦根市民の対象は16,000人となっています。この人数配分は中島市長が対等合併にこだわった発言を繰り返していますが、整合性が見られないのではないでしょうか。

4.財務について

Q.財務状況を公開し、シュミレーションを公表してもらいたいがどうですか?
A.どの側面からのシミュレーションかにもよると思いますが、当然市民には公表すべきものです。

Q.統一基準がありますか?
A.先ほどの設問でもあげましたが、行政規模があまりにも違う他町との統一基準は当然必要なものです。

Q.合併後、1市3町の現在の歳出を合わせたものより、どれぐらい減らせると約束できるのですか?
A.国が押し進める合併の最大の目的は財源の削減です。今現在彦根市の職員は病院や学校関係等の職員も含んで約1500人です。しかし各分野において専門性が求められる中で充分すぎる職員配置ではないと思います。合併に伴って人員削減され、このことにより住民へのサービスが低下することは必至です。地方行政の本来のあり方を今一度考え直す時では?

5.豊郷町の問題

Q.住民投票などにより住民の意思を確認してはどうですか?
A.一人一人の子供たちにゆきとどいた教育をする観点から、小学校の統合問題は考えられません。別の問題として住民の意向を聞く意味では、住民投票はするべきです。

Q.豊郷小学校問題についてどのように考えます?
A.そもそも豊郷小学校問題は入り口から観点の違う議論がなされていると思います。少しでも設備の整った学校で教育を受けさせてあげたいとの保護者の意見と、まだ使える建築物としても大変価値あるものを壊してまで改築の必要があるのかとの意見、どちらもそれぞれの思いは正当性のあるものだと思います。が大きな問題点として改築に当たって住民の声に耳を傾けない大野町長の強引なやり方にたいし、住民感情とのすれ違いが大きな問題化になったのではないでしょうか。

彦根駅東口開発の問題について

Q.今すぐにも中止する勇気が必要だと考えますがどうお考えですか?
A.彦根駅東口の開発問題はずいぶん前から大きな焦点になってきていますが、開発を望む声があることも承知していますが、この開発でどのような経済効果があるのか大変疑問に思います。駅東の皆さんの利便性から考えますと東口の開設と、東西を結ぶ自由通路の開設が望まれるのではないでしょうか。

戻る