• 大がかりな造成をできるだけ抑制し、積極的に自然地形、土壌、植生を活かした開発。

  • 市街地を流れる全ての河川に清流をとりもどし、そこに住む人々のふれあいの場の創出。

  • 農家と非農家、地域住民が一体になった住民参加型の生き物と共生した田園環境の整備。

  • 市の公共事業の全てに対して生物環境アドバイザー制度を導入し,自然と人との共生の構築。

  • 透水性舗装や浸透枡設置などにより雨水の自然環境の回復を図るとともに、防火用水や菜園・樹木への散水、洗車等に利用できる中水道システムなどの導入。

  • 省資源・省エネルギーのための、太陽電池を用いたソーラー発電システムを導入し、街灯など共用部分の電力の節減。


このサイトは、ふるさと彦根未来会議が運営しています。

戻る