• 行政は自らの判断と責任において、社会経済情勢の変化並びに市民の要望に柔軟かつ弾力的に対応できるよう体質の強化と制度の対策。
  • 常に地域や現場におもむくことを基調とする「屋根のない行政」によって、個性豊かで活力ある地域社会の構築。
  • 市民負担を極力抑えながら多様な市民ニーズに応えるため、行財政能力の向上と効率的な行政運営体制の確立。
  • 積極的な行政改革の取り組み,健全な財政運営、簡素で効率的な行財政システムの確立。
  • 市民によるチェック機能を取り入れた評価システムの導入。



このサイトは、ふるさと彦根未来会議が運営しています。

戻る