Q26.観光客の駐車場について、その課題と対応策をどのようにお考えでしょうか。

大久保 たかし
26.市街地に駐車場を設置することはコストがかかりすぎるために、市内循環バスなどの利用を組み合わせたパークアンドライド方式を導入して行きたい。

中居 まさたけ
26.彦根城の近くに大きな駐車場を作ることができればいいのですが、特別史跡に指定されている関係もあって、現実問題としてはなかなか難しいと思います。少し離れたところに大駐車場をつくり、パークアンドライドのシステムを積極的に構築していく必要があります。また、まちの活性化を考える場合にも、近隣の市町から買い物に、街なか散策にきていただくため、まちなかにインパクトのある大きな駐車場を、知恵を出し合い作る必要があります。少なくとも、今すぐにでも、観光客やまちの散策を楽しむ人等のためにも、市内の公営または民間駐車場等への誘導案内板を設置する必要があります。

中島 一
26.観光客の駐車場について、近年の急速なモータリゼーションの進展に伴って、観光客用の駐車場の設置が重要な課題になっていると認識しております。観光客用駐車場につきましては、駐車台数などの量の問題もありますが、一方で集客施設とのバランスのとれた立地、回遊性への配慮、あるいは城下町の景観との調和などといった質の問題もあると考えております。このようなことから、彦根での観光客の動向などを見定めながら、民間の方々との連携のもとに、その整備を進めてまいりたいと考えております。

戻る