« ごみ問題 | メイン | 祭り »

交通安全協会

 先日、私の事務所へこられた方は、滋賀県交通安全協会の会費(確か1,000円)を払っていないと仰っていました。最近はそうしたドライバーが増えているそうです。その方曰く、会費の使途が不透明で、役人の天下りを助長している。確かに、次々と明るみに出る役人(国地方を問わない)の不祥事は、行政不信を増大させます。滋賀県交通安全協会の会長さんをよく知り、事業の内容を少なからず理解する私としては、複雑な心境になります。一般論として、こうした問題に限らず、元々日本人は、他国の人に比べて納税者として大人し過ぎると言われますから、国際基準からすると、毅然と自己主張し行動するほうが正当なのでしょう。公共の事業と市民の受け止め方のギャップを埋めてゆく仕事は、やはり地域の議員や首長の仕事ですね。
大久保 たかし

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hikone.to/okubotakashi/blog/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)