« 屋根のない福祉3 | メイン | 琵琶湖 »

自治体経営

 地方公共団体の財政状況は、非常に厳しいものがあるといわれます。過去にたくさん借金をしてしまったのが、厳しさの原因NO1。その上、減税等で収入が減っているのも辛いものがあるでしょう。借金の返済に充てる筈であった、交付税もカットされ、市民自らが、自治体のあり方を考え直さなければならない時代になった気がします。役所の中も、容赦ない予算削減で、財政課は目の敵。人間関係も、ギクシャクしてきています。窮状を救うために、収入アップを考えることが第1ですが、直ぐに結果を出せるわけではありません。事務方の努力を見守りながら、首長、議会、市民が骨太の議論をする必要があるのではないかと思います。それなしには、後ろ向きの自治体合併しか選択肢が無いような気がします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hikone.to/okubotakashi/blog/mt-tb.cgi/20

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)