« 議会中継 | メイン | 滋賀県議会 »

開発

 以前書きましたが、私の事務所の近くに、野生の雉が生息する休耕田があります。街中ですが、琵琶湖に近く、隠れた自然の宝庫だと思っていました。しかし、数日前から宅地開発の手が入っているようで、すっかり雉の鳴き声が聞かれなくなりました。何処にでもあるような、住宅団地ではなく、自然との共生を目指した、宅地開発が出来ないものかと感じます。窓の外に雉が住むような、自然を”売り”とした開発が出来れば、付加価値もあるのだろうと思いますが、現在進行中のものは、従来型の宅地開発のようです。自然愛護を強く願う人も増えているように思いますから、敢えてそうしたマーケットの開拓を、事業者に期待したいものです。あの雉は何処へ行ってしまったのか・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hikone.to/okubotakashi/blog/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)