« 9.11 | メイン | 敬老会 »

彦根市議会

 今朝彦根市役所に用事があったので、ほんの僅かな時間ですが、久しぶりに市議会を傍聴してきました。以前報道で伝えられていましたが、本会議場が国会の予算委員会のように、質問者と理事者側が向かい合って、一問一答形式で行われていました。たまたま質問者が○○党の議員さんで、ある事に執拗に詰め寄っていました。傍聴者に配布されている質問事項を見ながら、到底持ち時間に終わりそうにないので、第3者からすると、ある種気の毒になります。議会ではこれまでも、あらゆる手段で、特定の人たちの質問を制限しようとする多数派が要るものですが、少数派にも一ひねり欲しいものです。質問の形式の良し悪しを論評するつもりはありませんし、その形式によって議会としての違った成果が生まれてくるかもよくわかりませんが、今流行とはいえ、保守的な街で新たな取り組みがされていることに敬意を表したいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hikone.to/okubotakashi/blog/mt-tb.cgi/42

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)