« 彦根市議会 | メイン | ハングル »

敬老会

 今日は朝から地元の敬老会に、社会福祉協議会の役員として参加しました。私が社会福祉協議会に関わって、もう15年ぐらいになるのですが、地域の高齢化率が上がっているのとは反対に、年々参加者が減っています。ここ数年、参加対象者の年齢を上げているために、参加者が絞られるのですが、これには2つ要因があります。ひとつは、老人扱いされたくないと考える人が増えていること。そして今ひとつは、行政からの補助金が年々削減されていることです。前者は喜ばしいことだと思いますが、後者は当然ながら受けがよろしくありません。しかし注目すべきは、不満を口にする方々が実に多いのですが、同時に、市の財政難を慮って、止むを得ないと理解する人も多いようです。行政側から見れば、長年の宣伝効果が出てきていると評価されるのかも知れません。私自身、政策の中心が財政再建でしたので、方向性は間違っていなかったのではと思いますが、しかし、最近私は、財政危機の議論が少しおかしいのではと感じ始めています。今はまだ頭の中を整理中ですので、纏まり次第ブログに書きたいと思っています。今いえることは、(当たり前のことかもしれませんが)健全財政を確立することが、政治の目的ではない、ということだけでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hikone.to/okubotakashi/blog/mt-tb.cgi/43

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)